デイリーパラダイムシフトの評価

デイリーパラダイムシフト,評価

 

「コミュニケーション」という言葉を知らない人はいないと思います。コミュニケーションとは伝達手段(言葉・非言語)の1つで人間にとってなくてはならないものがコミュニケーションです。

 

そんな重要なコミュニケーションが苦手という人も多いと思います。コミュニケーションは生きていくために必要不可欠で、喧嘩もハラスメントも、コミュニケーションから起こるものです。

コミュニケーションを通じて喧嘩やハラスメントなども起こる

つまりコミュニケーション能力不足は自分を不幸にしてしまいやすいものですので、コミュニケーション能力を向上させていくことは幸せな人生を送るうえでとても重要なことなのです。

デイリーパラダイムシフトは根本的な解決法(認知改善)です!

デイリーパラダイムシフトは、そこらへんにあるコミュニケーション能力向上の方法とは違います。一般的な方法は枝の枝の改善法だったりしますが、デイリーパラダイムシフトは、コミュニケーション障害になってしまう根の部分からの改善法です。

 

 

認知改善音声を聞いているだけで

コミュニケーション能力の向上が期待出来ます!

 

 

 

【コミュニケーションが必要不可欠な理由】

コミュニケーションが大事というのは、一度は聞いた事があると思います。コミュニケーションは会話が主なので、家庭でも、職場でも、恋人同士でもコミュニケーションは発生するからです。仕事が営業や接客ならばお客さんとコミュニケーションを取り、それが売り上げに繋がりますよね。また、医者や看護婦さんならば患者さんや上司と話をします。また、技術職や職人はコミュニケーションとあまり関係ないように思えますが、職場の人や取引先の人などと会話をしてコミュニケーションを取ります。技術があってもそれを売らなければ家計は成り立ちません。そして、上に立つ者は部下に指示を出すため、コミュニケーションが昇進に関係ある場合も出てきます。

 

コミュニケーションが苦手だと人間関係に影響が出ますし、仕事の昇進など金銭問題にもなる可能性があります。こういった事から、コミュニケーションは生きて行く上で必要不可欠なのです。

 

コミュ障改善音声「デイリーパラダイムシフト」とは?

デイリーパラダイムシフトは、会話コンサルタントの方(木多崇将さん)が製作したコミュニケーション能力を上達させるための教材(認知改善音声)です。

 

デイリーが「毎日」、パラダイムは「物事の見方」、シフトは「変える」という意味です。毎日、物事を見方を変えるための認知改善音声を聴いていることで有益な情報がインプットされていき、徐々に物事の見方が変わっていきます。

 

コミュニケーションが下手な理由は、「認知の歪み」にあります。歪んだ物事の見方があるので、それが無意識のうちにコミュニケーションに現れて、伝達に障害が起こってしまうのです。

 

だから、歪んだ認知を改善すればいい。そのために、毎日、会話コンサルタントの方が教える認知改善音声を聴けばよいのです。

 

接客や営業をした事がある人ならば、お客さんとの話の仕方や伝えなきゃいけない注意事項などをどうやって話せば分かりやすいのか、考えた事があるのではないでしょうか?そうやって伝える手段を学ぶのがコミュニケーション能力を向上させる勉強なのですが、それでもなかなかコミュニケーション能力が上達しないのは、根底にある「認知のゆがみ」も関係しているからです。

 

だから、本質的な改善の為に、認知改善音声が効果的なのです。

 

コミュニケーションにおいて「障害が起こってしまう物事の見方(視点)」を、「障害が起こらない物事の見方(視点)」に「シフト(変える)」すれば良いのです。

 

デイリーパラダイムシフトのサンプル音声

 

デイリーパラダイムシフトは、毎日、認知改善音声が届きます。

 

デイリーパラダイムシフト(コミュニケーション能力向上プログラム)のサンプル音声(認知改善音声)がありますので聴いてみて下さい。

 

1、→ 「人間はみんな多重人格!」
2、→ 「悪いことをやめるんじゃない!良いことを追加せよ!」
3、→ 「人間関係はうまく行くのが当たり前!」
4、→ 「自己中には2タイプある!」

 

プログラムに申し込みと、毎日このような役立つ認知改善音声が届きます!

 

僕も、勉強をさせていただきましたが、本当に良い教材でした。

 

デイリー(毎日)

 

パラダイム(物事の見方)

 

シフト(変える)

 

→ デイリーパラダイムシフトの詳細はこちら

 

【デイリーパラダイムシフトで学べる事とは?】

デイリーパラダイムシフトで学べるのは、性格を変える言葉、なぜ人の話は1回で理解できないのか、感情をコントロールする方法、問題解決方法を身に付ける、他人に影響されない自分作り、モチベーションを10倍にする方法、ネガティブな感情を抑える方法など様々な事です。

 

コミュニケーション能力の向上を目的とした教材ですが、コミュニケーションを上達させるための自分作りや感情コントロールなど、基礎となる部分も学べるのがデイリーパラダイムシフトです。これが物事の見方を変える事です。コミュニケーションがなかなか上達しないと悩むなら、まずは基礎作りをしてコミュニケーション能力の向上を揺るぎない物にしていきましょう。基礎がしっかりできてると、対人関係はスムーズに行きます。また、ストレスなく対人関係を円滑にできます。

 

さらに、年上の人と上手く付き合えるようになる方法など、会社などの社会ですぐに役立ちそうな内容も含まれています。実用的な事も学べるので、バランスが良い教材です。

 

【デイリーパラダイムシフトはどうやって学ぶ?】

デイリーパラダイムシフトは、教材購入者へ毎朝6時にメールボックスへ音声が届きます。内容は5分〜10分ぐらいで、間違ったコミュニケーション能力向上方法や間違った認識などを変えるための方法などの話です。通勤通学で音声を聞いても良し、コーヒーを飲みながらリラックスして聞いても良しです。教材販売者へ目からうろこの内容だったとの声が届いているようで、固定概念を変えるような影響力がある内容です。これを毎朝聞くだけで、コミュニケーションの上達が見込めます。コミュニケーションのハウツー本を読んだとしても、なんだか身になったような気がするとぼんやりとした結果で終わっていませんか?読んだらすぐに忘れるよりも、毎日学習で頭をコミュニケーションの上達に向けてシフトチェンジするのです。

 

また、質問にまとめて答えるレポート配信、要点をまとめたレポート配信などが月に1回あります。そして、会員同士で会話の練習がオンラインで出来るようにするための場の提供などもあるため、音声で聞いて実践する事ができます。会員は老若男女いて、異なる年代との会話、同世代、同性、異性と色んな人と会話ができるので様々なシチュエーションで練習できます。知らない人と会話なんて怖いと思うかもしれませんが、デイリーパラダイムシフトの会員であり、会話が苦手と意識してる同士です。また、オンラインなので実際に会う訳ではありません。安心して練習できます。

 

【コミュニケーションのハウツー本と何が違う?】

コミュニケーション能力の向上を狙った書籍はありますし、インターネットでコミュニケーションに関する情報を集める事はできます。それらの情報源とデイリーパラダイムシフトが違うのは、ハウツー本はカウンセリングを元にコミュニケーションを教えるのに対し、デイリーパラダイムシフトは物事の見方を変える革命を起こす点です。

 

例えば、ハウツー本だとコミュニケーションを円滑にするためには人の話を聞く事と良く書いてあります。これは、臨床心理学者がカウンセリングで患者に対して行う姿勢から出来たコミュニケーション方法です。話を聞けば患者が受け入れられたと安心し、思いを口にします。それが患者を前向きにさせ、患者自ら治療に向かうのです。

 

しかし、コミュニケーションは患者と行うものではなく、人と行います。話を聞いてるだけでは、つまらない人と思われてコミュニケーションが活発になりません。デイリーパラダイムシフトは、患者ではなく人とのコミュニケーションをする上で大事なのは話をするのと聞くのは五分五分であるとしています。

 

このように、ハウツー本はカウンセリングから、デイリーパラダイムシフトは人と話すのからコミュニケーション能力の向上を狙っています。つまり、今までの固定概念を覆して物事の見方を変えるのは、人としゃべるためのコミュニケーションという土台作りから行うのです。

 

→ デイリーパラダイムシフトの詳細はこちら

 

【デイリーパラダイムシフトの特徴は?】

デイリーパラダイムシフトの特徴は、音声での教材という点と、コミュニケーションを実践する場があるという2つの点です。

 

ハウツー本は文字で読みますし、コミュニケーション能力向上講座は、文字、耳、目で行います。本を読むのは、読むための時間が必要です。通勤通学中に読む場合は、電車で座れなければ読めません。講座も講座が行われる会場に出向く必要があり、手間と時間がかかります。しかしデイリーパラダイムシフトの場合は音声で吸収していくため、電車で立っていようと、車であろうと、録音された物を聞けます。

 

また、ハウツー本だとコミュニケーションを実践する場がありません。講座なら練習する場はあるかもしれませんが、その場だけの実践で活かすまではなかなか難しいでしょう。デイリーパラダイムシフトでは、インターネット上で会員同士がコミュニケーションを練習する場を設けています。ネット上でいつでも会話するチャンスがあるため、講座のようにその場限りではありません。

 

音声でいつでも勉強しやすく、実践する場があるのがデイリーパラダイムシフトです。

【忙しいとデイリーパラダイムシフトはできない?】

忙しい、忙しくない問わず、デイリーパラダイムシフトは誰でもこなせるカリキュラムです。なぜなら、忙しくても毎日5分〜10分の時間さえあれば勉強できるからです。5分〜10分も机に座ってる余裕がないという人でも、デイリーパラダイムシフトは音声での教材なので立ちながら勉強もできます。耳を傾ければ良いだけなので、日本語が理解できれば勉強できるのです。

 

また、インターネット上でのオンライン会話練習は男女、年代問わず会員がいるので様々な人と会話するチャンスがあります。身近な人とだけしゃべってると会話が限定されてしまいますが、様々な人と会話すればコミュニケーションの上達に繋がります。会話練習もオンラインで、インターネットの環境があれば誰もが利用できるのです。講座に通う労力も交通費もなし、時間問わず好きな時に勉強できるので忙しい人でも取り組めます。

 

【デイリーパラダイムシフトの効果はどのぐらいで出る?】

デイリーパラダイムシフトはコミュニケーション能力を上げるという特性上、すぐにコミュニケーションが上達する訳ではありません。1日で見間違えるぐらい変わるなんて魔法はありませんよね。感情をコントロールする方法、他人に左右されない自分を作る方法などもデイリーパラダイムシフトのプログラムの一部ですが、自分がすぐに変われたらコミュニケーションで悩む必要はありません。

 

公式ホームページでは、デイリーパラダイムシフトでコミュニケーション能力が身に付いていくのが早くて3ヶ月、だいたい半年ぐらいはかかるとしています。個人差はありますが、少しずつ身に付けて、コミュニケーションを自分の物にしていくのです。コミュニケーション能力の基礎となる自分作りからしていくので、時間がかかるのは無理ありません。

 

半年ぐらいかかるという事は、コミュニケーションが苦手だと意識するなら今すぐに始めた方が良いという事ですよね。社会人1年目ならば先輩になる前に行う、店長候補ならば店長になる前に、転職を考えてるなら転職前、学生ならば社会人一年生になる前になど、次のキャリアに行く前に始めておけばキャリアアップするまでにコミュニケーション能力を上げれるかもしれません。

 

急がば回れとことわざがありますが、急いでコミュニケーション能力を上げたいならばハウツー本で分かった気になるよりも、基礎から学べるデイリーパラダイムシフトが早いです。

 

デイリーパラダイムシフト製作者の木多崇将氏は友達がいない。そして、孤独が好きな人

デイリーパラダイムシフトを制作しているのは、木多崇将氏です。「人を笑わせる会話術」「人に好かれる会話術【男女兼用】」の教材も販売しており、会話関係に長けているのが分かります。

 

木多崇将氏は写真や動画を見る限りだと若い男性で、2009年から会話コンサルタントとして活躍しています。その前は接骨院で働いていたようですが、接客に悩みます。そしてコミュニケーション関係のセミナーに参加し、試行錯誤してコミュニケーション能力向上のテクニックを身に付けました。今では会話を中心に人間関係のアドバイスなどを行っています。

 

接骨院で接客似悩むとあるように、元々は、木多崇将氏も引っ込みがちでコミュニケーションが苦手でした。そして今でも友達は少なく、1人でいる方が好きだそうです。しかし、コミュニケーション能力を習得したお陰で1人でも不安になる事なく過ごしています。本当の強い人、自信のある人は1人でいることが好きになり、1人の時間を大切に出来るようになるのです。

 

本当に、自分を信じている強い方だなと感じます。

 

動画もありますので、再生してみて下さい。

 

 

特に、0:47からのお話が役立ちますよ!
上記動画は0:47から再生できるように設定していますのでそのまま再生して下さい。

 

→ デイリーパラダイムシフトの詳細はこちら

 

【デイリーパラダイムシフトの評価や口コミは?】

デイリーパラダイムシフトを購入した人が感じた口コミは、コミュニケーションが身に付きそうな声が多くありました。

 

音声が、聞き手が考えるように誘導する話し方だった。

 

毎日が問いかけなので、考えるようになる。

 

オンライン会話練習は知らない人と話しますが、荒れていなく、活発。

 

メール相談が迅速で丁寧。

 

朝聞けるのが良い。

 

自分が思っていた事と違うと気付けれた。

 

毎日繰り返し聞いて身につけたい。

 

説得力がある。

 

そうだなと納得できる内容でした。

 

口コミや評価を抜き出して箇条書きにしてみると、上記のような感想がありました。これらの口コミをまとめると、内容に納得、説得されて繰り返し聞きたい音声がデイリーパラダイムシフトです。また、納得しただけでなく、自分で考える事で身になります。メール対応、オンライン会話練習の充実度など、システムにも問題はなさそうです。
ちなみに、木多氏の他の教材も口コミが良いので、デイリーパラダイムシフトも信用が置けます。

 

 

【コミュニケーションが得意ならデイリーパラダイムシフトは要らない?】

「私はコミュニケーションが得意だから、デイリーパラダイムシフトは必要ない!」そう思う人でも、コミュニケーション能力を向上させる必要はあります。なぜなら、デイリーパラダイムシフトは物事の見方を変えるプログラムだからです。コミュニケーションが得意で、周りにいつも人がいると満足してる人でも、実はあなたを持ち上げるためにみんながご機嫌取りをしてるだけかもしれません。そして、内心はあなたをバカにしてるかもしれないのです。
また、コミュニケーションが得意、そんなに困ってないと思う人でも、自分に100%の自信がある人はあまりいないでしょう。自分ってどんな人間なのかな?自分の喋り方や振る舞いはどう思われてるのかな?など、自分を振り返るためにもデイリーパラダイムシフトは活用できます。製作者の
木多氏は人間関係のアドバイスにも強いため、デイリーパラダイムシフトを勉強しながら対人関係の悩みを相談してみるのも良いでしょう。

 

【デイリーパラダイムシフトの値段は?】

デイリーパラダイムシフトは月額制で、2500円が月々の料金です。毎日音声の教材が届くため、1日あたり84円でコミュニケーション能力の向上が狙えます。コミュニケーション能力のセミナーは1回1万円など万円単位がかかるのを考えれば、月々2500円は安いと分かりますよね。しかも月額制なので初期費用がかからず、辞めたい時に辞めれます。音声の教材と月に一度の質問集、まとめ、オンライン会話練習が付いてくるのです。セミナーやハウツー本に比べると、内容の充実度が違います。

 

さらに購入してダメだと思ったら、1ヶ月以内なら返金保証が付いています。メールで返金して欲しい事を伝え、退会理由を答えれば返金してくれます。月額制なら辞めたい時に辞めれば良いのですが、返金までできるなんて始めるハードルが低いですよね。もちろん返金目当てで始めるのはお勧めできませんが、返金の保険付きで始められます。

 

【デイリーパラダイムシフトの効果は?】

デイリーパラダイムシフトの効果は、コミュニケーション能力が上がるのはもちろんの事、人間的に大きく成長できるのも効果としてあります。物事の見方を変えて気付ければ、今までの自分に足りなかった点や間違っていた点が分かります。不足点や間違っていた事が分かるだけでは成長できませんが、どうすれば良いかもデイリーパラダイムシフトは教えてくれるので、それを実践すれば良いのです。口コミにもあるように、何回も繰り返し聞いて身に付け、会話を練習するの繰り返しが上達ポイントです。効果が出るまでに個人差はありますが、音声を聞く耳を持ち、変わろう、受け入れようとする気があればきっとコミュニケーションは上達します。

 

→ デイリーパラダイムシフトの詳細はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加 
更新履歴